シミの種類によって美白ケアも変わります

シミの種類によって美白ケアも変わります

シミにはいろいろな種類があり、原因、現れる場所、形状などに特徴や違いがあり、一口にシミと言ってもそれぞれの対処方法は異なります。自分のシミが一体どのタイプのシミなのかを間違って判断してしまうと、正しくない対処法を実践することになり満足な結果を得ることができません。

シミの種類を知り、自分がどのタイプなのかをしっかり判断した上で正しいケアをしたいですね。もし、自分で判断する自信がないときは、皮膚科で相談してみるのも良い方法です。

シミには、以下のような種類があります。

《シミの種類》
老人性色素斑・・・シミといわれるものの一番多いタイプ。原因は紫外線。
脂漏性角化症・・・老人性色素斑が定着して盛り上がった状態のもの。
雀卵斑(そばかす)・・・遺伝的な原因でできるので10代から現れる。
炎症性色素沈着・・・ニキビや傷などによる炎症がおき、その痕がシミになったもの。
肝 斑・・・女性ホルモンの乱れによってほお骨の上あたりに左右対称にできる。
花弁状色素斑・・・急な日焼けをした後、肩や背中にできる花びら状のシミ。

老人性色素斑
シミと言われるものので最も数が多いのがこの老人性色素斑です。紫外線による日焼けが年々積み重なることが原因でできます。

脂漏性角化症
紫外線による老人性色素斑を長年放っておくと、定着して表面が盛り上がった状態になり、表面がポツポツとした感じになります。

雀卵斑(そばかす)
雀卵斑(そばかす)は経年の紫外線の影響が原因ではなく、遺伝的な原因で出るシミです。子どもや若い10代から鼻の周りに雀卵斑(そばかす)ができるのはそのためです。

炎症性色素沈着
ニキビやその他の何らかの原因で肌が炎症を起こすと、治った痕が茶色くシミになって残ることがあります。炎症性色素沈着は、時間の経過とともに消えるもの、数年かかって消えるもの、消えないものがあります。

肝 斑
女性ホルモンのバランスが乱れることでできてしまうシミです。更年期の人に多く見られますが、妊娠中やピルを服用している時にも出ることがあります。

花弁状色素斑
急激に日焼けをした後や、日焼けで水ぶくれができてしまった後、肩や背中、胸に現れる小さな花びらのような、こんぺいとうのような形をしたシミです。日焼けをしてからかなり時間が経ってから出現することもあるので注意が必要です。

 

老人性色素斑とケア

老人性色素斑とケア

老人性色素斑は、シミと言われるものの中で最も数が多くポピュラーなものです。私達がシミと呼ぶもののほとんどがこの老人性色素斑と言われています。紫外線による日焼けが年々積み重なることが原因でできるシミです。まずほお骨辺りに1センチくらいのシミができ、放っておくと徐々に大きくなったり、濃くなり、さらに盛り上がってイボのようになることもあります。

<ケアの方法>
なるべく薄いうちに美白用の化粧品を使ったり、皮膚科やエステでピーリングをすると改善する可能性はあります。しかし、濃くなって輪郭がはっきりしてきたものはコスメで消すのは難しく、皮膚科、美容外科などのレーザー治療でしか消せないと言われています。
しかし近年、できたシミに効果があるハイドロキノンが化粧品にも使えるようになり、美白に効果的な化粧品も登場してきています。ただしハイドロキノンは効果が高い反面、白斑などの副作用が心配されるので、厚労省が化粧品で推奨する上限2%を守って信頼できる化粧品を使うことがとても大事です。

脂漏性角化症とケア

脂漏性角化症とケア

一般的なシミと言われる老人性色素班は、紫外線によってできたシミですが、これを長い間放っておくとそのうち定着していまいます。そして、さらに色が濃くなったり、組織そのものが変化して表面が盛り上がってきたりすることがありますが、これを脂漏性角化症と言います。

<ケアの方法>
脂漏性角化症は、薄いシミの状態から更に進んだ状態で、シミが濃くなって定着していたり、表面が隆起して盛り上がった状態になっていますので、もう化粧品だけでは治すことが困難です。
皮膚科や美容クリニックのレーザー治療、電気焼灼してもらうか、液体窒素による凍結療法での治療によって取り除くことになります。
注意したいのは、脂漏性角化症と思っていても、前がん状態の日光角化症(老人性角化症)かもしれないので、やはり医療機関で相談することが望ましいです。もし病理検査をするなら、上記の治療は受けられません。組織をメスで切り取って行うことになるからです。

雀卵斑(そばかす)とケア

雀卵斑(そばかす)とケア

雀卵斑(そばかす)は紫外線が原因ではなく、遺伝的な原因で出るシミです。それで子どもや若い10代から鼻の周りに、雀卵斑(そばかす)は見られるのです。
雀卵斑(そばかす)は、だんだん濃くなったり数が増えたりするので、気になるシミなのですが、遺伝的な要因で起こるためなかなか消えにくいのが特徴です。

<ケアの方法>
雀卵斑(そばかす)は薄いシミなので、美白化粧品で消せそうですが、なかなか実際は難しいようです。そのため、皮膚科や美容外科のレーザー治療が有効と言われています。しかし、一度消してもまた現れてしまうこともあり決して永久的な治療ではありません。
エステでの施術は、ほとんど効果はないと思っておいたほうが良いでしょう。
試してみるなら、できたシミに効果があるハイドロキノン入りの化粧品を試してみるのもいいかもしれません。しかし、やはり遺伝的なシミなので完全に消すというより、薄くすることを目標にするほうが良さそうです。

炎症性色素沈着とケア

炎症性色素沈着とケア

炎症性色素沈着は、ニキビができた後にニキビ痕として残ったシミやニキビ以外の炎症によって起こった吹き出ものや肌荒れの後で残ってしまった茶色のシミのことをいいます。
たいていの場合は、すぐに消えてしまうことも多いのですが、消えるまでに数年かかったり、消えなかったりするととても気になります。

<ケアの方法>
炎症性色素沈着には、ピーリングが有効です。酸などを使って古い角質を取り除くピーリングを行うことによって、肌のターンオーバーを整え、肌の再生を促すことができます。
ピーリングは、以前はエステで行われ肌トラブルになったことが問題になっていましたが、現在は、ほんとうの意味でのピーリングは医療機関でしかできなくなったのでトラブルは減ってきました。皮膚科や美容外科では、肌の状態によってどれくらいの深さまでピーリングするかを医師が判断してくれるので、効果的でリスクの少ないピーリングが受けられます。
また、自宅でもできるピーリング用の化粧品が販売されています。肌にあったものを選ぶのはもちろんですが、あまり刺激が少ないものは効果が少ないので、注意しながら最適なものを選ぶようにしたいですね。

肝斑とケア

肝斑とケア

肝斑は、30代から50代に女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で現れるシミです。目の下のほほ上部、ほお骨の下、エラの上、額などに左右対称に現れ、広範囲で輪郭があまりはっきりしないのが特徴です。
更年期の女性に多く見られますが、妊娠中やピルを飲んでいる時も出ることがあります。

<ケアの方法>
肝斑の治療は、フォトファイシャルやレーザー治療、トレチノイン療法はかえって肝斑を濃くすることもあるので、エステで施術を受けるときは注意が必要です。「肝斑かな?」と思ったら、本当に肝斑なのかまず医療機関で判断してもらうと、その後のケアの方針を決めやすくなります。
もし肝斑なら、医療機関のレーザー治療で薄くすることができます。また、最近はできたシミを消す最強成分 ハイドロキノン入りの化粧品も出ていますので、信頼できるメーカーのものを使用量を守って使うと、肝斑にも改善効果が期待できます。ただし、ハイドロキノンは副作用もあるので、化粧品なら厚労省推奨の 2%以内の配合量を守るようにしたほうが安心です。
薬局で「トランシーノ」という成分が入りの錠剤が肝斑用に販売されていますが、効果が現れるまで3~6ヶ月は続ける必要があります。またこの際に、ピルなどの避妊薬を飲んでいる人が併用すると脳梗塞や心筋梗塞になるリスクがあるので十分注意することが必要です。

 

花弁性色素班とケア

花弁性色素班とケア

花弁状色素斑とは、急激に日焼けをした後や、日焼けで水ぶくれができてしまった後、肩や背中、胸、腕に現れる小さな花びらやこんぺいとうのような形をしたシミです。薄茶色で3~5ミリ程度の小さなシミが、十数個から数十個も多発するのが特徴で、時間が経つと、1つずつが大きくなったりつながったり、色が濃くなることも多いです。また、日焼け直後だけでなく、日焼け後かなり時間が経ってから出現することもあるので注意が必要です。

<ケアの方法>
日焼けをしないように十分なUVケアをすることが最も重要ですが、もしできてしまったら医療機関のレーザー治療が確実です。または、信頼できるメーカーのハイドロキノン入りの化粧品も試してみる価値はありそうです。

 

シミを消す成分とターンオーバー

シミを消す成分とターンオーバー

シミを予防するのが化粧品の目的。でもできたシミを消すには、医療機関でも肝斑の治療薬として長く使われていたハイドロキノンが有名ですね。ハイドロキノンと言えば、副作用が心配という声もあり、確かに毎日使う化粧品には2%以内という量が決められています。
カネボウのロドデノールによる白斑被害のように、ハイドロキノンにも漂白が効きすぎて肌のベースの色までまだらに白くなってしまう等の副作用があるので、決められた量はちゃんと守って、安全に使いたいですね。

ロドデノールは、新しい成分だったのに検証作業を省きすぎて、十分に確かめないうちに製品化したのが原因と言われています。ハイドロキノンは、世界中で豊富なデータがそろっている認知された成分なので、使用量を守れば安心です。

最近はサロン脱毛する人が増えてきています。脱毛サロンの光はそれぞれのサロンが独自の光を開発したり、脱毛以外にもスリム効果やバストアップ効果のある光等を採用しているので、シミを消してくれる肌のターンオーバーを整える効果も期待できます。
脱毛サロンを選ぶときは、そんなシミにも効果のある光を使った脱毛サロンを選ぶのもおすすめですね。

神戸・兵庫県内でおすすめの脱毛サロン