脂漏性角化症とケア

脂漏性角化症とケア

一般的なシミと言われる老人性色素班は、紫外線によってできたシミですが、これを長い間放っておくとそのうち定着していまいます。そして、さらに色が濃くなったり、組織そのものが変化して表面が盛り上がってきたりすることがありますが、これを脂漏性角化症と言います。

<ケアの方法>
脂漏性角化症は、薄いシミの状態から更に進んだ状態で、シミが濃くなって定着していたり、表面が隆起して盛り上がった状態になっていますので、もう化粧品だけでは治すことが困難です。
皮膚科や美容クリニックのレーザー治療、電気焼灼してもらうか、液体窒素による凍結療法での治療によって取り除くことになります。
注意したいのは、脂漏性角化症と思っていても、前がん状態の日光角化症(老人性角化症)かもしれないので、やはり医療機関で相談することが望ましいです。もし病理検査をするなら、上記の治療は受けられません。組織をメスで切り取って行うことになるからです。