炎症性色素沈着とケア

炎症性色素沈着とケア

炎症性色素沈着は、ニキビができた後にニキビ痕として残ったシミやニキビ以外の炎症によって起こった吹き出ものや肌荒れの後で残ってしまった茶色のシミのことをいいます。
たいていの場合は、すぐに消えてしまうことも多いのですが、消えるまでに数年かかったり、消えなかったりするととても気になります。

<ケアの方法>
炎症性色素沈着には、ピーリングが有効です。酸などを使って古い角質を取り除くピーリングを行うことによって、肌のターンオーバーを整え、肌の再生を促すことができます。
ピーリングは、以前はエステで行われ肌トラブルになったことが問題になっていましたが、現在は、ほんとうの意味でのピーリングは医療機関でしかできなくなったのでトラブルは減ってきました。皮膚科や美容外科では、肌の状態によってどれくらいの深さまでピーリングするかを医師が判断してくれるので、効果的でリスクの少ないピーリングが受けられます。
また、自宅でもできるピーリング用の化粧品が販売されています。肌にあったものを選ぶのはもちろんですが、あまり刺激が少ないものは効果が少ないので、注意しながら最適なものを選ぶようにしたいですね。