花弁性色素班とケア

花弁性色素班とケア

花弁状色素斑とは、急激に日焼けをした後や、日焼けで水ぶくれができてしまった後、肩や背中、胸、腕に現れる小さな花びらやこんぺいとうのような形をしたシミです。薄茶色で3~5ミリ程度の小さなシミが、十数個から数十個も多発するのが特徴で、時間が経つと、1つずつが大きくなったりつながったり、色が濃くなることも多いです。また、日焼け直後だけでなく、日焼け後かなり時間が経ってから出現することもあるので注意が必要です。

<ケアの方法>
日焼けをしないように十分なUVケアをすることが最も重要ですが、もしできてしまったら医療機関のレーザー治療が確実です。または、信頼できるメーカーのハイドロキノン入りの化粧品も試してみる価値はありそうです。