シミを消す成分とターンオーバー

シミを消す成分とターンオーバー

シミを予防するのが化粧品の目的。でもできたシミを消すには、医療機関でも肝斑の治療薬として長く使われていたハイドロキノンが有名ですね。ハイドロキノンと言えば、副作用が心配という声もあり、確かに毎日使う化粧品には2%以内という量が決められています。
カネボウのロドデノールによる白斑被害のように、ハイドロキノンにも漂白が効きすぎて肌のベースの色までまだらに白くなってしまう等の副作用があるので、決められた量はちゃんと守って、安全に使いたいですね。

ロドデノールは、新しい成分だったのに検証作業を省きすぎて、十分に確かめないうちに製品化したのが原因と言われています。ハイドロキノンは、世界中で豊富なデータがそろっている認知された成分なので、使用量を守れば安心です。

最近はサロン脱毛する人が増えてきています。脱毛サロンの光はそれぞれのサロンが独自の光を開発したり、脱毛以外にもスリム効果やバストアップ効果のある光等を採用しているので、シミを消してくれる肌のターンオーバーを整える効果も期待できます。
脱毛サロンを選ぶときは、そんなシミにも効果のある光を使った脱毛サロンを選ぶのもおすすめですね。

ディオーネ(Dione)の口コミをチェック